Start typing and press
Enter to search

空間投資

不動産(マンション)投資を考えてみる     第1回 - 第2回 - 第3回 - 第4回 - 第5回 - 第6回 - 第7回 - 第8回 - 第9回 - 第10回

第7回 不動産(マンション)投資って、どうですか

【物件探し その3】
前回「投資物件は自分で探す」ことが大切だとお話しました。
引続き物件の探し方と不動産業者との付き合い方のお話になります。

◆ インターネットで探す ◆

インターネット上には不動産の情報提供を専門としている
サイトが数多くあります。ヤフー系やリクルート系などさま
ざまな会社が運営しています。

これらのサイトに 不動産業者が“売りたいお客様から
預かった物件や自社物件”を掲載し、それを見た
“買いたいお客様”から不動産業者にメールや電話で
問合せをする。


これが、まず1つ目の物件探しのパターンです。

2つ目のパターンとしては、不動産業者が自ら運営する自社のサイト
から探す方法がありますが、この方法で探すのはめずらしいと言うか、
難しいのです。


さまざまな不動産業者のサイトにある「物件情報」は実は1つ目の
パターンで紹介した情報提供を生業としているサイトと提携している場合が多く、本当の意味で自社だけで物件情報を提供している不動産業者は少ないのです。


物件情報を日々更新する手間。

日々更新することができる豊富な物件情報(売却依頼や自社物件)を
所有する。この2条件が揃わないと難しいからです。

しかし、逆に考えると、情報提供専門のサイトに物件を登録せず、
自社運営のみで情報提供している不動産業者は相当に情報量や
販売力があると言えます。

◆ どんなサイトから見つければいいの? ◆

不動産業者から見たネット上の不動産サイトを2つに分けましたが、正直に言えば、どのサイトから探そうと問題はありません。
どこのサイトだろうが、自分の基準にあたる物件を見つけて、その物件情報がわかればいいと思います。
それに、日々いろいろなサイトを見ていれば、それぞれのウェブの特性がわかりますよね。

最後にインターネット上にない物件。

いや、インターネットを使っていない不動産業者が持っている物件の
中に優良物件があるかもしれない・・・・・・?
あるとしたら、不安になりますが、心配ありません。

ありませんから!

私の回りの不動産業者でインターネットを活用していない業者は高齢なご夫婦で経営されているようなところがほとんどです。
インターネットを重視していない業者はたくさんありますが、多かれ少なかれ、インターネットの環境は整備しています。

まったく利用していない業者には情報は集まりません。
「情報を発信しない者には情報が集まらない」 って思います。

◆ どこの不動産業者に媒介を依頼しようか? ◆

「気になる物件を見つけました」

もちろんその物件情報には不動産業者(情報管理者)の社名や
連絡先が載っています。まずは、この掲載先の業者に連絡し、
「興味があることを伝え、内見の意向を伝える」ことになります。



または、付き合いのある不動産業者などに興味がある物件を伝え、
その物件がウェブに掲載された連絡先以外の不動産業者でも
取扱えるかを尋ね、仲介可能ならば付き合いのある不動産業者を
通して購入することができます。

これは、どういうことかと言うと、物件の売却を依頼した人が
不動産業者と媒介契約(売却の依頼を頼んだ契約)を結んだ物件
をウェブに掲載しているわけです。

ですから、売却の依頼をした人は掲載先の不動産業者と購入希望の
あなたは付き合いのある不動産業者と媒介契約を結ぶのです。

これを不動産業者用語で “片手” “分かれ” と言います。

仲介手数料を売主、買主それぞれの不動産業者に支払う
という ことになります。
また、あなたがウェブに掲載されている不動産業者と媒介契約を
締結し購入した場合、業界用語では“両手”と言います。

売主、買主双方が1つの不動産業者に仲介手数料を支払います。

もちろん不動産業者としては
売却依頼があれば、“両手”を目指します。

本来、売却依頼者と売却の媒介契約を締結したら、依頼者の利益を最優先に考え“両手”や“分かれ”など業者の事情に関係ないわけですが、他業者からの購入の申込みなどを
受付ない場合も稀にあります。


物件への問い合わせが多く「こりゃー売れそうだな。」

売買価格が低く「片手の手数料じゃー、商売にならない。」

というような場合にそんなことがあるような気がします。

不動産業者は“両手”を目指しますが、あなたにとっては
これもあまり問題になりません。
どこの不動産業者に媒介を依頼してもいいわけです。


私の立場(不動産業者)から客観的に見て


● 問い合わせに対する返事が早く、丁寧である。

電話などの応対が良くない

営業担当者がやたらと勢いがいい。

「えーー!本当ですか!!」という意味のない接続文?を連発する

経営者・管理職が横柄


こんな会社って結構あります。注意です。


 

● 契約書・重要事項説明書をしっかり作成している。

実際、何がしっかりしているのかが 分からないと思います。
誤解を恐れずに言えば、売買にともなう資料の量が多ければ
ある程度安心かなぁと思います。
(いい加減な業者の書類は関係資料が少ないことが多いです)

これは、契約書の内容についてどうのこうのというより、
売買契約の最も肝心な書類をしっかり作成できないような業者は
すべてに問題があるということです。

この2点は業者選びの基準からはずせません。

あとは、担当者の人間性や仲介手数料値引きなどのサービスの有無などから媒介業者を選べばいいと思います。

次回は契約時の注意点などについてお話します。


第八回目へ