Start typing and press
Enter to search

プチリフォームのすすめ

ちょいワルオヤジ的リフォーム
“ゴージャス&スイート&ボヘミアン” を目指した ちょいワルオヤジな部屋。
限られた予算の中で、 ちょっとあやしくて 艶のある部屋 に変わりました。
自ら体験しながらリポートする 第3回目・最終章 です。

- 1回目 - 2回目 - 最終章

 



 


 

手のオブジェは タイのチェンマイで購入。 「瞑想」を意味しているとか!
木の器はバリのウブドで購入。 旅先で購入した雑貨が インテリアのアクセントとなる!


ロートレック風の絵は以前、友人からもらったもの。 友人自作。
ゴルフクラブが入っているカゴはFrancFrancで購入。(¥3,800)


 

REMOWAの旅行ケースとTUMIのキャリーバック。 いつでも旅立てるように! 気持ちだけは“ボヘミアン=自由な旅人”でいたいじゃないか!!


植物を置くことにより部屋に潤いを与える。 手入れの簡単な植物なら維持も楽だし、最近は鉢の種類を豊富になり、イメージにあったものを購入できるはずだ。

 

 
 
 
 
 

 

アメリカ製のゆったりしたソファ  

12年前に購入 (15万円くらい)  

これに座ってDVDを観たり・・・  

リラックスした時が流れる     














テーブルランプ2個と 造花をFranc Francで購入。 (¥4,800×2個) ペンダント照明や間接照明は 非日常的な雰囲気を 与えてくれる。 ちょいワルには、 はずせないアイテムだ!


 
 
スタンドランプは横浜そごうの ILLUMSで購入。(¥39,165) 箱は京葛篭(つづら)。 京都で3年ほど前に 我が家の家紋をいれて注文した。 A4サイズの書類が収まる。 結構重宝している。(約¥10,000)
書籍も今やインテリアとして ハズせないアイテムだ! 百科事典などは重厚感もあり、 ネット時代にはインテリアとして 最適なアイテムだ!

「戦略的なスポーツが好き but闘争心は忘れない」 オヤジの定番スポーツ、ゴルフ。 今、ひそかにゴルフブーム到来・・・!? いい年してボクシングもやってます。 格闘技観戦が流行ってますが、 やってみるのもいいもんです! しかし、練習はサボりがち・・・
今、ちょいワルオヤジなら 押さえなくてはならないアイテム! そう“シガー”だ! 最初は食後にシガーバーなどで 吸ってカッコつけていただけだが、 いつの間にやらヒュミドール (シガーを保管する箱)を買って、 すっかりハマッております。 今回のプチリフォームの2年前に 押入れをクローゼットに変更。 押入れの扉の面材を変えて、 中にハンガーバーを取り付けた。 ウォークインクローゼットとまでは いかないが部屋はかなりスッキリし、 とても気に入っている!

キャンドル! 癒しの必須アイテムだ。 ただし、部屋にススが付くことも あるので気をつけて。

  


  
     ■ プチリフォーム費用
   
      壁クロス貼替え費用
¥94,080
 
      腰壁板貼り費用
¥72,000
 
      モール塗装費用
¥15,000
 
 
 
      植物購入費用

¥4,900

 
      リサイクルレザートート購入
¥3,800
 
      テーブルランプ購入
¥9,600
(¥4,800×2)
      スタンドランプ購入
¥39,165
 
 
 
          合 計
¥238,545
 


1日の終わりに1人ソファにすわり、お気に入りのDVDを観たり本を読む。

そんな時に「プチリフォームしてよかった!!」としみじみ思う。

リフォームして生活が変わった!なんて劇的な変化はもちろん(今のところ)起きる気配はない。

しかし、部屋で過ごす時間は増えたし、今までより掃除もする。

たしかにお金をかければ雑誌で紹介されるような部屋やインテリアを作ることはできる。

しかし、本当の意味で “よい部屋” になるか “悪い部屋” になるかは別だ。

“暮らすところ” や “暮らし方” に興味を持ち、自分の価値観を暮らす場所に投影する。

そうしたことが、素敵なすまいには一番必要だと思う。



“ちょいワルオヤジ的プチリフォーム”  想像していた以上に反響が多くて驚きました。

横浜空間サイトを見た知人からは 「ヨッ!ちょいワルオヤジ!」 と冷やかされ

偶然見つけた友人からは 「ちょいワルオヤジ発見!」 なんてメールをもらう始末。

今回の企画をご覧になって、思っているより簡単に自分の価値観がすまいに表現できることが

わかっていただければ幸いです。





-2回目にもどる




横浜空間

主演、監督、脚本 すべてが「自分」のストーリー(人生)。そこには素敵な舞台(すまい)が必要です。私たちはこだわりのおすまいを丁寧にご紹介いたします。
©YOKOHAMA-KUKAN.COM ALL Rights Reserved.