グランドメゾン鎌倉御成町

IMG_6008
IMG_6009
IMG_6004
IMG_6013
IMG_6001
IMG_6012
IMG_6011
IMG_6002
previous arrow
next arrow
IMG_6008
IMG_6009
IMG_6004
IMG_6013
IMG_6001
IMG_6012
IMG_6011
IMG_6002
previous arrow
next arrow

古都鎌倉の緑の息吹を絶やすことなく、今も美しい情景を保つ今小路。

若宮大路に比べると落ち着きのあるこの通りにおいて、一際目立つ存在なのが、市内でも人気の高い公立小学校・御成小学校である。

重要文化財さながらの重厚な門構え、色濃く歴史が残る家屋と木々しげる敷地。

それもそのはず、現在は葉山にある「御用邸」だが、昭和初期まではここが「鎌倉御用邸」だったのだ。


そもそもこの御成町、皇族の方々が「御成りになった地」であることが、その名の由来とされる。


この小学校に通わせたいと、わざわざこの学区内でのマイホームを探す家族もいるほどである。

御成町に住むことは、鎌倉市民にとってもひとつブランドなのだ。




賑やかな東口ではなく、閑静で少し落ち着きのある西口。

こちら西口側には鎌倉市役所や税務署などの公共機関が在る。

もちろん、佐助稲荷や銭洗弁天など見所のあるメジャーな観光スポットも多い。



鎌倉駅周辺の“鎌倉文化”は昭和以降に発展してきた。

観光客向けのお店が多い東口に比べると、比較的個性豊かな店が並ぶのが御成商店街である。



そしてこの商店街を抜ければ、由比ガ浜。

鎌倉を、そして海を愛する地元の人たちによって、イベントではなく「日常」として

もうだいぶ長いこと続けられてきたビーチクリーンの賜物か、本当にゴミ一つない綺麗なビーチになった由比ガ浜海水浴場。



お寺さんや古くからのお屋敷・戸建が多い鎌倉駅周辺。

そもそもマンション自体が少ない圧倒的に少ない鎌倉の地で、さらに住まいに利便性を求めるのにはいささか無理もあるが、

そんな無謀な願いも叶えてしまう駅徒歩3分。

私の知る限り、1,2を争う「駅近マンション」ではないだろうか。


2000年8月に竣工された地上4階建。

大谷石を積み上げた外構、玉砂利とカバープラントであしらわれた和の情感ある植栽スペースや山紅葉の映えるライトコートなど、

上質で品格あるデザインが「鎌倉の御成町」の名に恥じない気品を漂わせている。



総戸数がわずか15戸というのもなんとも贅沢である。

小規模ながらも大邸宅さながらの重厚感と存在感。




「鎌倉の中の鎌倉」

御成町が似合う上質なマンションである。

★こちらの物件は現在、売り出し中のお部屋がございます★ (2023.11.28)
 ▶︎▶︎▶︎ 販売価格15,800万円|4階部分|116.83㎡|賃貸中(OC)
 ▶︎▶︎▶︎ 販売価格13,800万円|2階部分|88.93㎡|居住中

ご購入のご検討・ご相談は下記より詳細お問合せくださいませ。